ブタロウの河川敷ランニング日記

東北で道路を走るスポーツをしています

OSJ安達太良山10kの試走に行ってきました

8月4日日曜日、福島県二本松市安達太良山に登ってきました。

8月31日にここの10㎞のレースに出るので一応試走という事で50㎞に参加するTOMSAIさんの呼びかけで集まった次第です。

まあ、まだコース発表されてないんですけどね。
↓公式
f:id:ssk31:20190805223609p:plain

レースまであと3週間なんですけど。
これが噂のOSJクオリティか!


当日は朝4時集合という事で気合で朝3時に起きるも、集合時間には20分ほど遅刻。
すんませんでした。

いや、準備に少々手こずりまして、、。
起床してだいたいの準備を終えてから、今回初めて使う、「ハイドレーション」ってやつを使おうと思って水を入れようとしたんですが、

これ↓

クルクル回る蓋が上手く閉まらなくて、何度締めてもぼたぼた水が漏れてくるんですよねえ、、。

10分くらい悪戦苦闘してようやく水が漏れなくなったんですがマジで欠陥商品かと思いました。単に不器用なだけだったみたい。

でもこのハイドレーションシステムといのは素晴らしい!
先っちょを噛んでちゅーちゅーすると水が出て来る!!
いや、そういう装置なんですが。
行動しながらの水分補給がすごーく楽。
僕のやつは1.5㍑入るんですが、約4時間半の工程では中の水はちょっと余るくらいでした。
背負うと重さも殆ど感じないし、揺れも無いので快適でした。
これは普段のロング走でも使いたいですね。
ベストとセットで7,000円くらいしましたがとてもいい買い物をしました。

ルートとかはTOMSAIさんの記事をご参照下さい。
道を間違えてしまって、余計な時間がかかってしまったので準備不足でした。


tomsai.hatenablog.com


物凄く天気がよくて、ほんとの空が見られました。



f:id:ssk31:20190805225622j:plain


途中、登りがあまりにしんどくてしんどくてヘリで救助を呼ぼうかと真剣に考えました。
岩場やガレ場は足元に神経を使うし踏ん張りが効かなくなるので疲れる〜!
おかけで翌日は久しぶりの筋肉痛で、モモが1日中痛くて椅子から立ち上がるのにいちいち気合いを入れないといけなくてどっこいしょマンになってました。


f:id:ssk31:20190806050315j:plain



普段の練習ではいかに負荷が足りないのかを思い知らされましたので坂ダッシュ10本くらいで練習した気になっちゃ駄目ですね。50本くらいはやらないと追い込めないのかな。

あとは、下りの時に足の爪先をぶつけるのでめちゃくちゃ足の指痛いです。
特に小指。
一応、inov8のトレイルロック285っていうトレランシューズは履いてるんですが、シューズの外側の部分のガードが少ないので勢いよく下りを降りていくとガンガンぶつけて終盤はヒイヒイ言いながら下山しました。

もしかしてこのシューズって初心者向けじゃないのか?結構生地薄いし。
もっとガッツリ足を守ってくれそうな靴無いもんですかねえ。ネットで見てもさっぱり分からないし、ふくすまにはトレランシューズなど殆ど売っとりません。

下りの走り方が悪いとか、シューズが小さいとかも原因かもしれませんが、とにかく下りをもっと痛くなく走りたいです。

20年前(!?)に山登りしていた頃は重登山靴というクソ重い(片足1,000gくらい?)けど頑丈な靴を履いてガンガン下りを走っていたので未だにその頃の癖が抜けていないのだろうと思うんですが。
ジュウトだとぶつけても全然痛くないので。

下りは楽しくてついついスピード出しちゃうので次に山に行く時は自重してゆっくり下ることを心掛けたいです。
高山のアタックの時には下山がより危険ですが、下りってテンションあがりません?
油断もしがちだし、まあだからこそ危険なんですね。


まとめ
・登りに弱いので普段から鍛える
・ちゃんとルートを把握する
・下山は慎重に



f:id:ssk31:20190806060228j:plain



f:id:ssk31:20190806060754j:plain