ブタロウの河川敷ランニング日記

東北で道路を走るスポーツをしています

9秒98!

7月20日ロンドンで行われたダイヤモンドリーグ100m決勝で小池祐貴選手が日本人3人目の9秒台を出しました!

恥ずかしながら僕は小池選手を全く知らなかったのでニュースを見たときは、すごいけど、誰!?って感じでした申し訳ございません。

(今回の記録を出す前の小池選手の自己ベストは10秒17だったそうで、陸上にさほど興味のない僕が知らないのも無理ないですな。)


9秒98も凄いけど僕が興味を持ったのは日刊スポーツの以下の記事。

以下引用

「北海道・立命館慶祥高時代は桐生祥秀(23=日本生命)のライバルとも称されたが、最大限のスピードで走る練習を重ねたこともあり、慶大進学後は、けがを繰り返し、伸び悩んでいた。17年6月から84年ロサンゼルス五輪走り幅跳び7位の臼井淳一氏(61)の指導を受け、飛躍の契機をつかんだ。6割程で、余力を持って走る練習を繰り返し、正しい接地、体の動き方を染み込ませた。慶大卒業後も指導を仰ぎ続け、進化を続けている。」

引用終わり


正しい接地! 体の動きかた!

トップ選手でもフォーム改善の余地がるのであれば我々市民ランナーは言わずもがな。
がむしゃらなだけのトレーニングでは速くならないのです。

最近は昔に比べてかなりフォームを意識して走っているんですが、なかなかしっくり来ず、そもそも論として正しいフォームを維持する筋力が足りないんじゃないか??
という事も思ってまして。
今まで全然やっていなかった体幹レーニングのようなものをやった方がいいのではないかと思い「青トレ」
青トレ: 青学駅伝チームのコアトレーニング&ストレッチ
を買って(中古)読んでみたんですが、、、


出来ない!!w
これ、最初の1ページ目なんですが、写真を見てもDVDを見てもどうやったらお腹がこういう動きになるのかサッパリ分かりません。
青学の選手もマスターするのに数か月かかったらしいんですが、毎日やってればコツのようなものが分かって来るんでしょうか?

現時点ではコツのコツさえ掴めない、霞を掴むような感じなので「青トレ」はそっと閉じました、、、。

誰かコーチして下さい!

小池選手の話題おわり


今日は閾値走やってきました。

午後に家を出ると小雨。
はあ、また雨か、、、だるいなあああ

走れないほどの雨足ではないのでそのまま出発。
今日は日曜日なので信夫ケ丘のトラックが使えるので競技場まで走ってGO

着いてみると僕以外に利用者ふたり。
こりゃいいや!ほぼ貸し切りやんけ。
しかもその二人も短距離の人らだったみたいでトラックぐるぐるしているのは僕一人。
こうなると逆に緊張するな。

軽くトラックをジョグってから閾値走5kmスタート。
設定は4分10秒/kmです。
結果

406ー407-409-414-402

いや、まじで、きつかった。

しかしながら、5キロ目で4分2秒出せるなら4キロ目はもうちょっと行けたんではないか!?
あと6秒、絞り出せたんではないか!?

相変わらず甘ったれてんなっていうのが今日の反省でしたので来週再挑戦する時は途中でスケベ心出して余力を残さぬよう1キロ1キロを大切に走る事を誓います。