ブタロウの河川敷ランニング日記

東北で道路を走るスポーツをしています

改めて思った。レースって、、、楽しい!@第46回川俣ロードレース(10km)



ラソン大会と呼ばれるものには2017年の12月を最後に出ていませんでした。その頃は腰、膝や足裏の痛みが酷く、13kmのコースを90分かけてよろよろと歩いていたのを思い出します。前月のフルマラソンでPBを出しましたが、その時のダメージが残っていたまま出てしまったのが悪かったんだと思いますし、それまでの練習で身体のケアを疎かにし過ぎていました。

それから1年と4ヶ月、たま〜に2キロくらい走る事はありましたがほぼNOラン。その間は接骨院に通って腰痛の治療をしていました。最初の問診の時に撮ってもらった写真がこちら。


f:id:ssk31:20190616172120j:image
f:id:ssk31:20190616172133j:image

(ブログに晒す気は無かったので服がダサい事に関してのクレームは受け付けません)

1枚目を見ると左右の骨盤や肩の高さが違うし、全体的に右の方を向いています。自分では正面を向いてるつもり。2枚目は腰が前に出ていて身体がくの字になっていますね。本来は肩と腰の赤い点が一直線になります。あと頚椎の形がストレートネック。

 

そして、治療開始から半年ほど。

てれてれってってれ〜

 (ライザップのBGM)


f:id:ssk31:20190616172658j:image


f:id:ssk31:20190616172646j:image

細かい説明をしなくてもお分かりかと思いますが身体が前から見ると正面を向いていて、横から見ると肩から踵まですっと真っ直ぐになっています。姿勢が全然違いますね。

これで腰痛は治りました。今でも自分でストレッチしたりたまに接骨院行ったりと定期的なケアは必要ですけど。

結局、腰痛の原因というのは腸腰筋だったり腿やお尻の筋肉が凝り固まっていたのが原因だったのですが、自分では到底気づけなかったので接骨院に行って本当に良かったと思います。ちなみに足裏が痛いのは後脛骨筋が、膝は腸骨筋及び半腱様筋の硬さが原因です。

 

腰は治った。けど半年走らないとなかなか走り出すには至りません。

 

走り始めたきっかけとしてはこちらで書いた通り、

http://ssk31.hatenablog.com/entry/2019/05/04/030716

 

先日、はてブロ幟を託され名実共にはてなブログランナーズ東北支部支部長の座に着かれましたTOMSAI氏(id:tomsai)のおかげであります。

本日の川俣ロードレースにも応援に来て頂き、重ね重ね御礼申し上げます。

 

そして走り始めたのが今年の4月23日。

その時のログ


f:id:ssk31:20190616175034j:image

まず、GARMINの使い方を忘れてるし。キロ6とかマジムリと思いました。

 

それでもコツコツ走り続けてきのうまでに約400kmの走行距離を積み上げました。その間は特に膝が痛くなりました。痛くなったらひどくなる前に接骨院へ行って原因を教えてもらいます。

身体のケアにはかなりの時間をかけていると思います。暇さえあれば揉んだり伸ばしたり。自分で出来ない所は通院の際に治療してもらい。

 

果たして本日、1年6ヶ月ぶりのレース第46回川俣ロードレースに無事に臨むことができました。


f:id:ssk31:20190616202115j:image

 

起床は4時半。雨の音で起きました。うどんとパンとプロテインを摂取して6時半には出発。会場までは車で30分ほど。途中寄り道したので駐車場に着いたのは7時15分くらいかな。

駐車場は受け付けにほど近い町民プール跡地駐車場。て町民プールなくなったの!?川俣町財政削減でしょうか。

ここ


f:id:ssk31:20190616180551j:image

7時半くらいの車の入りはこんな感じ


f:id:ssk31:20190616180644j:image

 

スタートが10時10分なのでまだだいぶ時間があります。

受け付け会場の川俣町中央公民館の2階にマットを敷いて陣地を作り、参加賞を貰いに行ってもスタートまで2時間もありました。ちょっと早く行き過ぎましたね。

 

朝から降り続いていた雨も止む気配がないので憂鬱。9時くらいに止む予報だったのに結局レース中まで降っていました。

 

だもんで、スタート時間10分前になっても誰も整列したがらず、僕とランニングクラブ仲間のSさんもギリギリまで並ばず屋根の下で話していました。次の大会は〜、とか今日のペースは〜、とか○○君が岩手のウルトラ走って血便出したらしいっすよ〜とか他愛もない話。

 

そういえば、スタートは予想タイム順になってましたね。僕が出た2年前は歳の若い順だった気がしますが。だから当時は先頭からスタートでした。

 

そんなこんなでようやくスタート!

目標タイムは迷いましたが45分。㌔430でとりあえず。

高低図


f:id:ssk31:20190616192659j:image

気をつけるのは、最初下りがちなので飛ばし過ぎない事。5キロ過ぎて下った後に昇ること。折り返し過ぎたら根性でどうにでもなりますここのコースは。

 

スタート〜3キロ


f:id:ssk31:20190616192902j:image

入りはまずまず。先頭スタートじゃないので周りは人だらけで走りにくいくらいだったからか、飛ばし過ぎずにレース序盤を走れました。

 

4キロ〜7キロ


f:id:ssk31:20190616202556j:image

5キロまではゆるく上っていくのでペースを落とさないように気をつけます。気を抜くと430をこぼしそうになるので4、5キロあたりはかなり踏ん張りました。6キロ区間の折り返しまでが最大のゼーハー区間でした。25分で折り返しを通過。きついけど㌔4分30秒なら体はもちそうでした。

折り返しを過ぎて下りますが、下るとすぐ少し上るんです。いやらしいなあ。既にかなりヒーヒー言いながら走っています。上りはこれで最後だこれ上ったら見てろよクソ。

 

8キロ〜ゴール


f:id:ssk31:20190616203723j:image

よし!上りは終わった!いくぞ!

 

僕は10キロレースを走る時は9キロでレースが終わるもんだと考えて走ります。9km走ってしまえば残り1キロは気合と根性でなんとかなります。脚が残ってなくても最後は気持ちだけで走れるもんです意外と。

 

最後の2キロは本当に頑張りました。これまでずっと前を走っていたSさんもラスト1.8キロで捉えて声をかけました。

「Sさんファイト!43分台いけますよ!!」

 

もう息を整える事も出来ず速くなる呼吸を抑えられません。

しかし残り1.5キロ。あと500m走れば残り1キロはなんとかなる理論で飛ばします。

 

まあ頑張りはしましたが、結局3分台は出ませんでしたね流石に。まだまだです。

ラストは「きっつー!」とか「ぶひいぃ!」とかわめきながら走ってたと思います。周りのランナーさん失礼しました。

 

結果


f:id:ssk31:20190616205815j:image



43分2秒。

目標達成です。

なんと、2年前とちょうど4分差でした。


f:id:ssk31:20190616205825j:image

 

レース前の独特の高揚感と緊張感。

レース中のドキドキ感と応援。

レース後の達成感。

以前よりタイムは下がってしまったけどちゃんと練習してそれを本番で出せれば自己ベストが出なくてもレースって楽しいんだって事が分かった日曜日〜♫

でした!