ブタロウの河川敷ランニング日記

東北で道路を走るスポーツをしています

驚愕のタイピング技術、とんらなまに。

ブログ更新停止宣言から2日経ちまして今日も書く気無かったんですが、ちょっと目からウロコ体験をしてしまったのでご紹介します。

 

ちなみにランニングと全然関係ない話ですが書きたいので書きます。

全然ブログ離れ出来てませんが。細かいことは気にしないし、都合の悪いことはすぐ忘れます。

 

 

今日、知人とタイピングの話になりまして、その人がなんと"ひらがな入力"だって言うんですよ。

 

ひらがな入力」って知ってますか?

キーボードで「S・A」を打つと普通は「さ」になりますが、それがなぜか「と・ち」になる、あの方法ですよ。

「ブタロウ(BUTAROU)」と打つと「こなかちすらな」になります。

「ランニング(RANNNINNGU)」だと「すちみみみにみみきな」です。

復活の呪文っぽいですよね。

 規則性もあるのでコナンのトリックにも使えそうです。

 

僕の認識では、ひらがな入力というのはローマ字教育を受けていない第二次世界大戦以前の日本古来の前時代的入力方法という認識だったのですが(あくまでブタロウの勝手なイメージです。)、今日話した人はなんと僕と同い年、つまり30代半ばの人だったんです。

 

同年代でひらがな入力をする人間を初めて発見したんですが、その人曰く、ひらがな入力の方がローマ字入力の半分のタイピングで済むので速い!圧倒的っ!!らしいです。

たしかに、理屈の上ではそうですが。

そんなに速いのならば挑戦しない手はないと思ったのでいっちょやってみました。

 

まずは、ひらがな入力に切り替える方法も分からないのでそこから苦労するんですが、グーグル日本語入力のプロパティあたりをグチグチいじっていたらなんとか出来ました。

 

それでいざ入力しようとしましたが、いや、普通に出来ないですよね。

 

「もり」って打とうとしたんですが、「り」を探すのに1分くらいかかって、まさに僕のイメージするパソコン出来ないおじさん的なキーボード凝視の一本指打法になってしまったので即、挫折しました。

 

やはり長年親しんで来たローマ字入力から急に切り替えるのは無理ですね。仕事になりません。

 

常日頃脳ミソを使っていないので今からひらがなの位置を全部覚えるのは無理っぽいです。

人はこうやって新しい事が出来なくなっていくんですね...

 

しかし、挑戦する事に意味がある。チャレンジなくして成長なし。

何事もまずやってみなければブログネタなんて出て来ません。

 こういうちょっと変わった体験をすると、こりゃあ記事にしなければという謎の使命感というか焦燥感に駆られてしまうのは軽い病気でしょうかね。

 

という訳でひらがな入力をやってみようのコーナーでした。

 

 

 

タイトルの件ですが、ひらがな入力に挑戦した後、ローマ字入力に戻したつもりで「しょうじ」って打ったんですね。

そしたらひらがな入力のままになっていて、「S・Y・O・U・J・I」が「とんらなまに」になったっていう、くっだらない話でした。

 

おわり

※腰の具合はあまりよろしく無さそうなのでもうちょっとランオフです。

 -----------------------------------------------------------

いつもクリックありがとうございます

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村