ブタロウの河川敷ランニング日記

東北で道路を走るスポーツをしています

緊急事態発生。なんとあの方が福島に現れる!?

今朝は何故か早起きしてしまい、am4時位からぬぼっとブログの更新をチェックしていた。

 

そこで我々は驚愕の情報を入手する事になる。

 

その情報とは!?

 

ameblo.jp

 

アットフクシマ!?

 

あのカリスマブロガー「ぱっきー」氏が本日福島に来ている!?

しかも記事の最後にはこの一文が、、、

 

 

明日は福島で朝ラン出来るカナ!!!?

 

この記事は昨晩(14日)に書かれたものであり、つまり今この時間に近所をぱっきー氏が走っているかもしれないということであるっ!

 

これはあれだ。朝ランだ。今すぐ朝ランに出発しなければ...!(西野カナの気持ちが今なら分かるっ)

 

ぱっきー氏に会った時の為にいつもランの時は持ち歩かないスマホをウエストポーチに突っ込み、激沈Tシャツを装備して私は震えながら家を出た。

 

ぱっきー氏出現予測地域(独自見解)

昨日の記事では福島駅で降りて駅前の照井で円盤餃子を食べたらしいので恐らく福島駅近辺のホテルに泊まっているに違いない。

 

そして駅前で気持ちよく朝ラン出来る場所といえば県庁裏の阿武隈川沿いしか思い浮かばない!

 

私は右下の赤で囲んだ地域を目指してキロ3の勢いで意気揚々と走り出した(実際はキロ6)。

 
f:id:ssk31:20170615175912j:image

 

 

 

 

捜索開始

まずはいつもの河川敷へと出るがぱっきー氏どころか人もまばらだ。

 

チラホラとランナーらしき人はいるが明らかにぱっきー氏ではない。

日焼けした超スピードのランナーは見当たらない。

 

それっぽいランナーが近くを通り過ぎるたびにサングラスの奥からガン見して確かめるがやはり違う。

 

しかし、実際ぱっきーさんを発見したとして、どうやって声をかければいいのだろうか。

いきなり呼びかけても驚かせてしまうだろうし、こちらから名乗り出ても誰だお前ってなる。

 

道を聞くふりをしてさり気なく近づき、「あれ?どこかで会った事ありません?」と言ったらいいんだろうか。

ナンパか!

 

きっと激沈Tを着ているから怪しまれはしないだろうとタカをくくりながらもドキドキしながら捜索を続ける。

 

そしていよいよ出現予測地域へと我々は足を踏み入れた...

 

 

 右手側が福島県庁になる。

しばらく河川敷を走りながら捜索を試みるが、

...いない。

そもそも人が、いない。

 

ぱっきー氏程の人だからいらっしゃるならば周りに人だかりが出来るはずだし、何かしらのオーラも出ているはずだが、全くそれらしい現象は見つけられなかった。

時間が遅かったのだろうか。

もしくは予測が外れた?

 

それならばと駅前へ向かう。

 

そこで私は閃いた。

 

きっと新幹線で来たのだろうから西口のホテルに泊まってるはず。

西口まで行けば何か手がかりが掴めるかもしれないと思い福島駅西口へと歩みを進める。

 

 これは昨日ぱっきー氏も撮影していた東口の様子である。

 

 しかしここは本当に県庁所在地の1番大きい駅の駅前なのだろうか。

 

人が、いない。

さすが全国で唯一の県内人口が3番目なのに県庁所在地な都市である福島市だ。

 

地下歩道を通り西口へと出る。

この前出来たアパホテル

ここに泊まっていたりして。

キョロキョロと辺りを見回しながら西口をうろつくがやはり発見できず。

そろそろ自宅へ戻らなければ仕事に遅れてしまう。

 

調査半ばではあるが我々は断腸の思いで駅前を後にした。

 

無念である。

 

 

 

しかし、この後我々はとんでもない物を発見する事になる!!

 

この画像を見て頂きたい。

 

 

 

 

お分り頂けただろうか。

 

ジャックダニエル!?

 

なぜ師匠の車がここに!

まさか師匠も福島に来ているというのだろうか。

 

残念ながら付近を捜索してもダニエルズ氏の姿を確認する事は出来なかったが思わぬ収穫に我々は胸が高なった...

 

 

 

かくして我々のぱっきー氏捜索作戦は失敗に終わったが、一定の成果も得られたように思う。

調査に進展があれば追って報告したい。

 

 

(ぱっきーさん勝手にネタにしてすみません。でも本当にお会いしたかったです。)

 

足裏の痛みもだいぶ良くなって来たので3日後のレースまで無理せず調整していきたいです。

 

 

 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村