ブタロウの河川敷ランニング日記

東北で道路を走るスポーツをしています

【レポ②】信夫山パークランニングレース(10km) at 福島県福島市

昨日は久々に早起き出来たので朝活しました!

そして、最近ハマっているキロ3分への道、第2回目のトレーニングをやりました。

ブタロウ1,000メートル3分への第1歩 - ブタロウの河川敷ランニング日記

 

とりあえずは100mを18秒で走ってキロ3分のスピード感に慣れる事。

100m×10の結果(タイムと平均ペース)

1. 18.5秒 (3:05)

2. 18.0秒 (3:00)

3. 16.9秒 (2:49)

4. 17.1秒 (2:51)

5. 16.3秒 (2:43)

6. 16.9秒 (2:49)

7. 17.8秒 (2:58)

8. 16.8秒 (2:48)

9. 16.7秒 (2;47)

10. 16.2秒 (2:42)

 

平均 17.1秒 (2:51)

平均ピッチは190~200程度、歩幅は1.7~1.9m位という感じでした。

もう少し大股でもいいのかしら。

f:id:ssk31:20170601200953p:plain

 

う~ん、1回目よりは要領が掴めて来た感じはしますがちょっと速かったですね。

今回の練習を踏まえて3回目は少しだけ抑え目で行ってみたいと思います。

 

あとこのトレーニングやると膝が痛くなります。

GT2000履いてさらに芝の上走ってるのに痛くなるという事はフォームがおかしいはずなので次はもっとリラックスしつつフォームに気を付けてやってみます。

 

なんやかんや忙しくて全然続きが書けていない信夫山パークランニングのレポですが、気付けばあしたはひがしねさくらんぼマラソン(ハーフ)という状況。

 

記事はこつこつ空き時間に書いているのですが書き進めようとダッシュボードを開くとはてブロランナーさん達の記事が大量にアップされていて面白くて読み進んでさらには過去記事まで読み漁ってしまい、ランネットで秋のレースの検討し出したりでゼンゼン自分の記事が書けないw

 

ささっとレポの続きを書いて早く日曜日のハーフの戦略を練らねば。

 

と言う訳で第5回信夫山パークランニングレース続き!

 

 【レポその1】信夫山パークランニングレース - ブタロウの河川敷ランニング日記

開始2㎞で既に力尽きそうになった信夫山パークランニング。

 

ようやく序盤の難所440段の階段を登りきった後は、第二展望台から外周のロードへ下り、大わらじが奉納してある羽黒神社へと向かいます。

 



f:id:ssk31:20170531121245j:image

相変わらずアップダウンは続きますがゼェゼェ言いながらも意外と脚は動きます!

考えてみればまだ1kmちょいなので当然なんですが当時はもうだめリタイヤかもなんて普通に考えてました。想定外の事態に遭遇すると弱気になるものですね。

 

周りと比べても自分だけ極端に遅いとか速いとかないのでさほど順位も変わらずに進みました。

 

しかし、ここで予想外のトラブルが!

 

羽黒神社の手前。

よーし、あそこまで行けば後は下りや!


f:id:ssk31:20170531122821j:image

となぜか思ってたんです。

実際は、

こうなって、


f:id:ssk31:20170531122958j:image

「はい、左でーす」

と無慈悲な案内

 

(あれ?ここ真っ直ぐの予定!俺の中で!ここから下りじゃなかったっけ!?)

「左でーす。」

 

、、、完全にコースを勘違いしてました。

 

で、ここを登るハメになります


f:id:ssk31:20170531123322j:image

えー、えー、山じゃん、登山じゃん...

コースを把握してなかった僕が悪いんですが超憂鬱です。

 

登りますけど。

 

登りきったら大わらじ!

仁王様の足のサイズらしいですが、仁王様だいぶ足幅細いですね。

シューズの選択肢少なそうです。


f:id:ssk31:20170531130038j:image

 

神社の裏からはようやく下りです。

 

山岳部時代は下り最速と呼ばれた(?)ブタロウです。下り大好き!


f:id:ssk31:20170531130201j:image


f:id:ssk31:20170531131117j:image

 

スタート直後の坂道までダーッと下って、これまたエグい参道に突入します。


f:id:ssk31:20170602124202j:image

ここの傾斜は30度くらいあるとかないとか。

しかも登るにつれて急になっていくという鬼畜仕様。

f:id:ssk31:20170602125723j:image

旧参道を登りきったらまた登り!

しかしここは想定内なので精神的ショックは小さいぞフフフ...


f:id:ssk31:20170602130103j:image

肉体的にはもー、アップアップで限界に近いです。

 

薬王寺まで駆け上がり(実際はほぼ歩き)、エイドで水を頂き信夫山一の絶景ポイントである烏ケ崎(からすがさき)を目指してひたすら登ります。

 

5kmと10kmの分岐地点。

 

5kは下り。

10kは登りw

 

「あなたがエントリーしたのは5kですか、10kですか?」

 

「ご、ご、、、、10kです、、、」

 

これが最後の登りだと自分を奮い立たせ、覚悟を決めてくねくね坂道を登りました。

湯殿山神社を過ぎてさらに奥へ進むとその先には市内一望の烏ケ崎!!

 

烏ケ崎は絶景!!ですがここは何回も来たことあるのでさほどの感動は無く、ただ登り区間が終わったことが嬉しかったです。

(この画像は大会当日に撮ったものではないので選手は写ってませんが野生の中学生とカメラマンがいました。それだけ近隣の福島市民には身近な山です)

 

 

 

 

あとはもうひたすら下るだけです!

下りはまた脚と腹筋に相当負荷がかかりますが気合を入れて200m近い高度を一気に駆け下ります。

脚もってくれよ~。

下りの傾斜もかなりのものでバタバタと足音を立てながらゴールを目指しました。

思い出すだけで膝が痛くなって来ますw

 

ゴール付近は他の種目の選手達も混ざって混雑していましたがフラフラの体で避けながらなんとかゴール。

 

疲れのあまりガーミンを止めるのも忘れ、水を頂いてから記録証を貰いました。

改めて高度を見ると最後の下りはきっついです。

目標の50分は切れませんでしたが意外と順位が良くて嬉しい!

 

はちゃめちゃなラップ。

9.5kmしか走ってない事になってる!w

 

 

タフなコースでしたが終わってみれば楽しいコースでした。

 

ロードのレースとは違った苦しさが新鮮でトレランも悪くないなと思ったりして、また一歩ランニングの沼に踏み込んでしまったようです。

しばらくはロードで勝負しますけど。

 

信夫山パークランニング来年も是非参加したいです。

運営、ボランティアの皆さんどうもありがとうございました!

 

 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村