ブタロウの河川敷ランニング日記

東北で道路を走るスポーツをしています

クラブR2で陸連登録しました&ガチ・ユル走デビュー

去る4月1日にRUNNETのHPからクラブR2での陸連登録を申し込んでまして、先日登録完了のメールが届きました!

 

メールより抜粋
f:id:ssk31:20170505123312j:image

 

クラブR2って何?

 

ご存知RUNNETの運営やランナーズの発行をしている㈱アールビーズ主催のランニングクラブです。

「RUN」が2個あるからR2!だそうです。

 

で、RUNNETのHPからクラブR2を通して陸連の団体登録が出来るんですよ。

 

大会にエントリーする時と同じ要領でネット上だけで登録が完了するので人と一切関わらずにヒッソリと陸連登録が出来ます(ココ重要)!

 

僕自身今まで何度か陸連登録を考えた事があるんですが、そんなに真面目に練習している訳でもないし、そもそもやり方が分からない!

 

地元のランニングクラブに入っているとか、知り合いに陸上関係者がいる人にとっては何でもない事かもしれませんが、僕のようにチームに所属している訳でも無く元陸上部でもない人間にとっては陸連登録というのはめっちゃ敷居が高いのですよ。

 

県の陸協のHPをみてもイマイチ分からない。

 

今年は結構練習しているし、そろそろ登録したいなぁと思っていた矢先にRUNNETでクラブR2での陸連登録の受付をしているのを見つけたので、「これはいい!人と一切関わらずに陸連登録が出来る(ココ重要)!」と思い、申し込んだ次第です。

 

なぜ陸連登録をしたかというと、前の方でスタートしたい訳ではなく、公認記録がないと走れない、もしくは規定の公認記録があればエントリーが有利になる大会が結構あるからです。

 

びわ湖とか別大とか福岡国際とかはレベルが全然違うので無理です。

現在のブタロウの走力でもなんとかエントリーできそうなのが5月に宮城県で行われる仙台国際ハーフマラソン

 

陸連登録者の部Bという枠がありまして、資格は以下の通り

一般市民ランナーにとっては楽ではないけど途方もない記録でもないのではないでしょか。

 

陸連登録でエントリーするメリット(一般の部との違い)

 

・エントリー時のクリック合戦がちょっと楽。2016年大会の一般の部のエントリーは26分で定員に達したそうです。登録の部はもう少し余裕があるそうです。

 

・エリート選手や招待選手、ゲストランナーと同じ陸上競技場内の更衣室や荷物預かり所を使える。アップも競技場を使える。(フィニッシュ地点は競技場なのでゴールしたらすぐに荷物を取りに行ける)

 

・登録Bは前から2番目のブロックでスタート

 

主な所はこんな感じでしょうが、ランナーの皆さんなら心躍る待遇ではないでしょうか!?

 

とういうわけで、無事登録が完了したのであとは今年中に上記の記録を公認大会で出すだけです。

 

ってこれが一番難しいwww

 

【今日のラン】

 

今話題(?)のガチ・ユル走、やりました!

 

ガチユル走って全然知らなかったんですが、はてブロで話題沸騰なので試してみたくてウズウズしていました。

 

 

なお、ガチユル走については以下の方々の記事を参考にさせて頂きました。ありがとうございます!(日付順)

 

 

run-panda.hatenadiary.jp

 

macrun.hatenablog.com

 

bambooshoot07.hatenablog.com

 

toshi1135.hatenablog.com

 

hidechi.hateblo.jp

 

で、本日夕方ガチユルって来ました!

 

アップは2kmの後にガチ1km、3分休憩の後、ガチ1km、その後緩めのEペースで10km程走りました。

 

ってこれめちゃくちゃキツいじゃないですかっ!!w

 

ガチユルとかいうキャッチーなネーミングに騙されました!

 

最初の1kmはまだいいですよ。

 

休憩後の2本目の1kmですよ。

 

3分も休憩したら2本目とはいえ1本目と同じくらいのラップはいけんじゃねっと余裕ぶっこいてすみませんでした全然いけませんでした。

 

もう2本目を300m走った位で心折れまして、あ~ブログにガチユルやりましたって書けねえなこりゃ、1kmTTやったことにしよww

 

と思うくらい2本目はきつかったです。しかも2本目のガチの後は休憩なしでそのまま走らないといけないんですね?超憂鬱なんですけど。

 

結局2本目のガチは1本目より6秒ラップが落ちまして、そのままジョグに入らずその場にヘタリ込みたかったのですが、せっかくガチ走やったんだからこのまま走り続けないとモッタイナイ!と気合を入れなんとかジョグりました。

 

普段インターバルやレペをやらないブタロウには酷なメニューでした。

 

予想を超えてキツかったガチ・ユル走ですが、これに懲りずに週1くらいは出来れば、余裕があれば、気が向いたら再度挑戦したいです!

 

【2017年5月の走行距離】

49.3km

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村