ブタロウの河川敷ランニング日記

東北で道路を走るスポーツをしています

GT-2000 NEW YORK5で300km走ってみた結果

先月購入したアシックスのGT-2000 NEW YORK5(slim)での走行距離が320kmくらいになったのでどのくらいヘタってるかな〜と思い写真に残しておくことにしました。

 

26.5センチ、キャタピラン(75cm)装着済です。

 

キャタピラン大好きです。

 

靴紐を結ばなくていい&ほどかなくていいというのはめちゃくちゃ楽で、一度着けたらチマチマ靴紐を結ぶのが物凄~~~くメンドクサクなります。

靴紐の煩わしさから開放されるだけではなく足にもフィットするので普通の靴紐より走りにくい事もなく、むしろ足との一体感が増すように感じます。

 

もちろん、通常の靴紐でもきちんと調整すればキッチリフィットするのだと思いますが。

キャタピランの場合は一度調整すれば足をズボッと入れるだけですぐ走り出せますから時間も節約できますし、脱ぐときもガボッとすぐ脱げるのでトレーニング後のぐったりした状態でかがんで紐を緩める必要もありません。

トレーニングはもちろんレースでもキャタピランのまま走ります。

そんな高いものでもないので使ったことない人は是非一度試して見て下さい。

 

さて、キャタピランについて語ってしまいましたがニューヨークですね。

 

僕はもともと練習の時でもtakumi ren やターサージールとかの薄底シューズを履いていました。

 

以前読んだ本の影響ですが(ゆっくり走れば速くなるみたいなタイトルの)、走行距離が多くなるとどうしても膝周りが痛くなっていました。

多いといっても200kmもいかない程度ですよ。

 

なので、一度厚底の重いシューズを試してみて、それでも膝痛が治らなければ他の要素で痛くなるんだと考え、クッションのあるシューズにしてみるべく購入したものです。

 

そしてその靴で1ヶ月ちょっとの間に320km走ってみたわけです。

Eペースジョグだけでなく、Tペース20分間走もこのシューズです。

 

結果、膝やその他の箇所の痛みはほとんど出ません。

もちろん筋肉痛にはなりますし、たまのスピード練習ではターサージールを履くのでその翌日は多少痛むこともあります。

しかしつなぎジョグの間に鎮まる程度の痛みなので以前薄底だけで練習していた時に比べれば格段に脚へのダメージは減ったのだと思います。

 

最初履いてみた印象は、重っ!!でしたし、柔らか過ぎて自分の足で走っている感覚が感じられずこりゃ失敗かなと思いました。

 

が、重さはすぐ慣れます。

履き心地も距離を踏むうちに脚守られてる感ぱねえなって思えるようになってきたし、たまに軽いシューズで走ると軽っっ!!!なんじゃこりゃチョーウケルwwwwってなって感動して変なテンションになります。

 

ので、怪我に悩んでいる人や初めてマラソンシューズを履いた時の感動を思い出したい人は食わず嫌いせずに厚底シューズも選択肢に入れてみると思わぬ発見があるかもしれませんよ。

 

 

肝心のソールの状態ですが、

 

右足

左足

正直、新品の時の状態が分からないのでどの程度の減り具合なのか良く分かりませんwww

 

履き心地は変わらないと思いますし、ソールもそれ程磨耗しているようには見えないんですけど...

 

600kmくらいになったらまたレビューしてみたいと思います。

 

いや結局お前は何がしたかったんダヨ!って感じですがせっかくここまで記事を書いてしまったのでアップさせて頂きますw

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村